仙台で鍼灸&ダイエット(耳つぼ)に詳しい鍼灸師のいる美容鍼灸専門サロン【はりきゅう専科 こくるの杜】

間違いだらけのダイエット!体質改善3つの心得

何をやっても痩せられない!もう何をやってもダメなのか?

そう思っているとしたら、それは間違っているかもしれません。

もし、そう思っている方の中で、まだ、耳つぼや鍼灸治療を試してみたことがない方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、伝統中医学をベースにした耳つぼダイエットを試してみて欲しいのです。

  • ダイエットで思ったような成果があがらない方
  • とにかく疲れやすい、疲労感に悩まされている方
  • 食後すぐなのに何故かお腹が空いてくる
  • めまいや動悸、手足のしびれやふるえなど感じたことがある
  • 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている

仮に上記のような悩みも合わせ持っているようであれば...

すべての方とは言いませんが、ご覧になっている80%以上の方は、ストレスなどによって乱れた自律神経を調整してあげるだけで、慢性的な肥満が改善してしまうかもしれません。

以前の私と同じように、自律神経の乱れによる内臓機能の低下を引き起こしているかもしれません。

実は、私も腰痛・肥満に悩まされていた事があります。

20代の頃は少し意識するだけで1~Kg減っていた体重が、30代では体重は10Kg以上増加、腰痛に苦しめられ朝起き上がる度に激痛が走ったりで...けっこう苦しめられていました。

ですので自律神経の不調で悩まれている方は、昔の私と同じように原因不明の痛みなど、つらい思いをされている方もいらっしゃるだろうと思います。

陳と申します。

ご挨拶が遅れました。私、ダイエット鍼灸師の陳と申します。

私の場合は、肩こり腰痛はもちろんですが、その当時は手足の冷えがかなり酷かったように思います。さらに坐骨神経痛もあって立っているだけでも辛かったのです。30分ぐらい歩いていると足が痛くなってきて...とてもウォーキングなんかできる状態ではありませんでした。

もし下記の中で2〜3つ以上該当するようであれば、ご覧のあなたも自律神経のトラブルを起こしている可能性が高いかもしれません。

  • 肩こり・腰痛などの痛み
  • 手足の冷え・お腹の冷え
  • 生理不順などにみられる月経困難症
  • 慢性疲労・うつ傾向・不眠
  • 原因不明のめまいなどの体の不調

ダイエットを試せば試すほどさらに自律神経を悪化させ、気がつけば掛かった費用が数百万円なんてことになりかねません。

原因は食後低血糖による自律神経の乱れ?

皆さんも経験あるかもしれませんが、当時の私は食事が終わったばかりなのにお菓子を食べたり、食べても食べてもお腹が空いてくるような感じがありました。

本来食後であれば血糖値も高めで落ち着き、お腹が空くこともないはずなのですが、過剰なインスリン分泌による低血糖症により空腹感が出るようになっていたのです。

通常であれば食事で取り込んだ糖は肝臓でグリコーゲンに変換されるので、あまり急激に血糖値が上昇するということは本来ないはずです。しかし、実際には急激な等の上昇、血糖値スパイクが起きてしまっています。

なぜなんでしょう?

一つは内臓機能の低下により糖調整がうまく働かないことが考えられます。

自律神経と内臓機能

自律神経といわれると聞き覚えのある方も多くいらっしゃるかと思います。

この自律神経、日中活動しやすいように働く交感神経(緊張)と体を休め内臓の働きを活発にさせるための副交感神経(リラックス)とがあるります。この二つの神経、実はシーソーのような関係になっていて、どちらか片方が活発になるともう片方は働きが低下するという仕組みとなっています。

日中は交感神経優位、夜は副交感神経優位のような感じです。

この自律神経、狩猟時代を例に考えてみると分かりやすいかもしれません。交感神経(興奮)は日中外で活動するときに活発になる神経で、外で傷を負ったときに出血しにくいように血管は収縮、狩りなどをすることなどからアドレナリンを分泌させたりする働きがあります。

逆に副交感神経というのは、巣など安心できる場所に戻った時(リラックス)に活発に働く神経で、毛細血管を拡張させ内臓の働きを活発にさせることに集中させます。

日中、狩りなどで酷使した体を休ませている間に、内臓を活発に働かせ疲労を回復させているような感じで、交互にバランスを取りながら存在しています。

自律神経は意思に関係なくオートメーションに働いている神経なんですね。

腰痛もひどく歩くこともつらかった30

当時、何とかしようと思いウォーキングやジョギングなどを試みたりもしてみたのですが、どれも長続きせず、結果、最大で10Kgほどという残念なことになっていました。

久しぶりに会う友達などからは「どうしたの?そんなに太って?」などと言われる始末。

どうにかしたい気持ちとは裏腹に体重は増加していく一方だったのです。

運動が長続きしない原因に痛みと疲労感

何かうまく言えないのですが、その当時、とにかく疲れやすくって、その上、腰やお尻などの痛みから、どんどん運動を続けていく気力がなくなっていったのです。

とにかく当時を振り返ってみると、本当に痛みや疲労感がひどいこともり、犬の散歩に出ても休み休みでしか歩くことができず、1時間通して歩くことすらできない状態にまでなっていました。

すべての元凶は自律神経の乱れにありました

その当時は気づきませんでしたが、今になって思えば私自身も気が付かないうちに、食後低血糖症による自律神経の乱れを起こしていたように思います。

私の場合、手足のしびれこそありませんでしたが、

  • イライラしやすかった
  • 立ちくらみなどよく起こしていた
  • 腰痛がひどく毎日がつらかった
  • 食後すぐにお腹が空いて間食が多かった

間食は特にひどくご飯を食べたあとにポテチを一袋食べたりが普通でしたから

食べ過ぎですよね。

自律神経の乱れが酷くなるとうつ病と似たような症状を表すとも言われています。

無気力な感じもこれが原因だったのかもしれません。

坐骨神経痛の治療で耳つぼを知る

その頃、医師である父の勧めで始めてみたのが耳つぼ療法でした。

耳ツボは耳介療法といって、1957年にフランスのDr.ノジェというお医者さんがドイツの鍼灸雑誌に発表したもので、自律神経を調整することに長けた医療の一つです。

もともとは自分でもできる坐骨神経痛の治療法として始めたのですが、ある日、坐骨神経痛や腰痛が楽になってきたことに気が付きます。そして何となく体重を計ってみると...。あれ?

なんと、それまで減ることがなかった体重が減っています。

特に食事制限をした訳でも、運動をした訳でもないのに、体重がなんと2kgも減っていたのです。

これには正直驚きました。

いったいなぜだろう?特に変わったことといえば耳つぼを始めたぐらい。

とにかく耳つぼについて色々と調べてみることに。

耳つぼ療法で奇跡の復活!

いろいろ調べてみると耳つぼには、自律神経の副交感神経を介して、内臓の機能を高めたり、食欲を抑えたりする作用があるということが分かったのですが、その時は、特に食欲が抑えられたような感覚はありませんでした。

特にその時はダイエットを意識したわけではなかったので、食事を減らしたことは一切ありません。"運動をした訳でもなく、食事を制限したわけでもない"それなのに体重が2kgも減ったのです。

不思議ですよね。

 運動もせず、食事制限もしない状態で体重を減らすには、基礎代謝が上がって脂肪を燃焼させた以外考えられません。

もしかすると耳つぼの刺激によって内臓の基礎代謝があがりインスリンの分泌などが正常に戻ったのでないでしょうか?

血糖値スパイクを起こしているときというのは、膵臓から大量のインスリンが分泌されています。

これは大量の糖を処理するためなのですが、これが習慣化してしまうと普段から多めのインスリンが出てしまうことが考えられます。(慢性的な低血糖症状態)

言わば膵臓機能の亢進です。(行き過ぎです)

耳つぼや鍼灸にはこの機能の亢進を抑えたりする働きがあると考えられています。

肝臓のグリコーゲン産生や膵臓のインスリン分泌を正常化していく事ができるのも、耳つぼダイエットならではかもしれません。

内臓の働きを正常化しなううちからダイエットをしてしまうと、低血糖症の症状が悪化してしまう可能性がありリバウンドを加速させる可能性があります。耳つぼダイエットは内臓の働きを正常化させることでリバウンドを起こし難くさせることが出来るのです。

リバウンドさせないための3つの心得

  • 食事の順番を知る
  • 自律神経を乱さない食べ方を知る
  • 内臓の働きを正常化させる

食後低血糖症を改善させるには糖質制限してしまうのが一番早いのですが、食べる順番なんかを気をつけるだけでもかなり違いが出てきます。

会席料理やフランス料理のコースなどでは、ご飯やパンなどの炭水化物は最後のシメとして出てきますが、

実は、ごはんを一番最後に食べると血糖値の上昇が緩やかになることが分かっています。

会席料理に太らない食事法の秘訣が隠されていたのです。

その結果、自律神経を乱さない食べ方につながっていきます。

内蔵機能の正常化なくしてダイエット成功は難しい

どんなダイエットをしたとしても、インスリンの過剰分泌を落ち着かせない限り、なかなか低血糖症の症状は収まりません。それどころか悪化することすら考えられます。

ダイエットと同時に内臓機能を正常化させていかないと益々リバウンドリスクは高くなるのです。
私は、食事の順番と耳つぼを知ったことでリバウンドリスクをコントロールすることができるようになりました。

そして、毎月2万円近く掛かっていた無駄なお金をダイエットに使い続ける必要が無くなったのです。

ダイエットで陥りやすい4つの罠

  • 誤ったダイエットでさらに内臓機能の低下を引き起こす
  • 野菜ジュースや果物で血糖値スパイクをおこしている(朝のスムージーなど)
  • ダイエット自体がストレスとなり自律神経が乱れる
  • ダイエットのリバウンドなどで低血糖症に拍車をかける

あなたはまだダイエットの罠にハマり続けますか?

まずは自身の体質を知ることが大切です

私が普段治療のときに利用している問診票をもとに、下記に問い合わせフォームを用意しております。
簡単な質問に答えるだけのアンケート形式となっております。

本来であればこの質問に合わせて、脈の状態を見たり(脈診)腹部や経穴の圧痛を確認したり(触診)顔の表情・舌の状態(望診)をして最終的に患者さんの体質を判断するのですが、簡単な質問に答える問診だけでも、ある程度の体質は判断できると思います。

漢方ハリ耳つぼ美容鍼・メールカウンセリング【無料】に申し込む

最後までお読み頂きありがとう御座います。
質問など御座いましたら下記の問い合わせフォームよりお問合せください。

投稿日:2017年1月18日 更新日:

Copyright© 仙台で鍼灸&ダイエット(耳つぼ)なら美容鍼灸専門サロン【はりきゅう専科こくるの杜】 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.